腸を守る大事な習慣

なぜりんごは腸内環境の改善が期待できるか

りんごは身体に良い食品で、1日1個それを摂取すれば医者が遠ざかるという格言もあります。実際それはとても体に良いのですが、その理由の1つは腸内環境に対するポジティブな影響です。主に2つの理由があると言われています。

 

善玉を増やし悪玉を減らしてくれるりんご

 

019065.jpg

まず1つ目ですが、悪玉菌に対する影響力です。腸の中には、とても多くの悪玉菌が潜んでいるのですが、実はりんごはその悪玉菌の数を減らしてくれると言われています。悪玉の数が減ってくれれば、もちろん腸内環境は善玉よりに傾きやすくなります。

 

またりんごには、善玉菌に対するポジティブな影響もあります。それを摂取すると、善玉の数が増えてくれるのですね。
つまりりんごを摂取する事は、腸内環境が善に傾きやすくなる訳です。それで医者が遠ざかるのでしょう。

 

食物繊維で腸内環境が良くなる

 

020523.jpg

それとりんごの中には、食物繊維も多く含まれています。腸内環境の改善と聞くと、食物繊維をイメージなさる方々も多いと思いますね。

 

その繊維の特徴ですが、腸内の清掃を行ってくれる点です。お腹の中が綺麗になってくれれば、もちろん腸内環境を改善される訳です。またそれに伴う、便秘の効果も期待できると言われています。

 

便通が悪くなってしまえば身体に対する悪影響が色々懸念されますが、りんごはお通じを良くしてくれる効果も期待できるのですね

ですのでりんごは、腸内環境の改善にはとても良い食品だと思います。最近お腹の調子があまり良くないと考えている時などは、りんごはオススメです。

ただし、やはり偏りは禁物ですね。りんごだけを食べるのは、あまり栄養上好ましくありません。あくまでも他の食品と一緒に食べるという心構えが、腸内環境の改善につながるでしょう

加減が重要という言葉は、多くの物事に対して成り立つと思います。ヨーグルトなどもその1つですね。

 

ご存知の通りヨーグルトの中には、非常に多くの乳酸菌が含まれています。最近は、ちょっとお腹に届きやすい乳酸菌が含まれているヨーグルトも多いですね。しかしあの中に含まれている乳酸菌は、実は制限されているそうです。

 

ヨーグルトの中に入れることができる乳酸菌には限りがある

 

例えばあるヨーグルトに配合をする事ができる乳酸菌の量が、1億と決まっているとしましょう。ちなみにそれは、様々なヨーグルトの製品を管理している機関によってルール設定されます。

 

参照先:お通じ110番【乳酸菌で便秘すっきり生活】

 

そのようなルールになっている時には、ヨーグルトを作っているメーカー側としては、1億以上の乳酸菌を用いる事はできません。ですので2億や3億などの乳酸菌を含めてしまいますと、ちょっとルール違反で大変な事になってしまうでしょう。

 

過剰摂取は危険なのでヨーグルト内の乳酸菌の量には限りがある

 

ではなぜそのようなルールになっているかというと、察するに加減が大切だと考えられているからではないでしょうか。

 

そもそも人間のお腹というのは、あまり多くの物を摂取するのは良くありません。例えば塩ですね。それは私たちにとって必要不可欠なものではありますが、あまり大量に摂取すると大変な事になってしまいます。一歩間違うと大変な病気になってしまう可能性もありますね。もちろん塩だけでなく、砂糖や油なども過剰摂取は禁物ですね。

 

乳酸菌もそれは同じです。確かに人間の体には、ある程度の乳酸菌は必要なのですが、上記の塩と同じであまり多すぎても良くないのですね。ですので食品の管轄をしている機関としても、上記のようなルールを決めているのだと思います。

続きを読む≫ 2015/03/25 16:46:25

腸内環境に良い食材は、色々あります。一般的には乳酸菌を含んでいる食材や、食物繊維が多い食材などは腸内環境の改善が見込まれると言われています
その逆に、その環境に対してあまり良くない食材もあります。お腹の調子が気になるような時には、その食材を意識するよう心がけるのも大切だと思います。

 

肉類に多く含まれる悪玉菌の好物

 

具体的にはどのような食材があるかと言うと、例えば肉類です。ハンバーガーなどには多くの肉が含まれていますが、実はあれは腸内環境に対しては悪い影響があると言われています。
そもそも私達のお腹の中には、非常に多くの悪玉菌が生息しています。ところで悪玉菌も生物ですので、生き延びる為には何らかの栄養素を吸収する必要があります。具体的にはどのような物で栄養素を吸収しているかと言うと、それが肉類なのですね。
その肉類の中には、タンパク質などが非常に多く含まれています。それは悪玉菌にとっては、格好の食材なのだそうです。
また脂肪なども多く含まれているので、それも悪玉菌の活躍の元になってしまいます。ダイエットの意味でも、脂肪はあまり良くありませんね。ハンバーガーなどは要注意ですね。

 

肉はあまり大量に摂取しないように心がける

 

このため腸内の環境を良くするよう心がけているならば、肉類を控え目にするようのは大切ですね。ただし、全く肉類を食べないのも余り現実的ではありません。毎日の食生活を考えれば、どうしてもそれを使わざるを得なくなるでしょう。
肉類は、微量であれば問題ありません。しかしあまり多くの肉を毎日のように摂取してしまえば、やはり腸内環境には良くありませんね。「肉は控え目に」と強く意識しておくのが、腸内環境を良くする為のコツだと思います

続きを読む≫ 2015/03/13 03:30:13

腸内環境を整えてあげるためには、食材選びはとても大切です。摂取する食品1つで、その環境が大きく変わってくるからです。
一般的には、食物繊維を多く含んでいる食材が良いですね。お腹の掃除ができますので、腸内環境が良くなってくれると見込まれるからです。便秘の改善の効果なども見込めますので、食物繊維に注目をするのは大切だと考えます
ところで、その食物繊維を含んでいる食材には、実はカラーに関する共通点があります。

 

食物繊維を沢山含んでいる主な食材

 

食物繊維を多く含んでいる食材には、例えば玄米があります。白米と違って、栄養価が非常に高いですね。ビタミンBやミネラルなどを多く含んでいる食材なのですが、それと同じく食物繊維を非常に多く含んでいるのです。
それとライ麦パンにも、多くの食物繊維が含まれていると言われています。一般的なパンよりも、その繊維の割合が多いようですね。
また日本そばなども、実は比較的多くの食物繊維が含まれています。
上記のような食材を普段の食生活で用いると、だんだんと腸内環境も良くなっていくでしょう。

 

茶色系統の食材は腸内環境には良い

 

ところで上記で申し上げた食材には、1つ共通点があるのはお気づきでしょうか。まず玄米なのですが、色は明らかに茶色ですね。少なくとも白米のように白色ではありません。
それとライ麦パンの場合も同様で、やはり一般的な食パンなどに比べれば、色は茶色に近いですね。また茹でられる前の日本そばなども、やはり色は茶色に近いと思いませんでしょうか。
つまり食物繊維を多く含んでいる食材の場合は、茶色の物が非常に多いのですね。ですのでスーパーなどで食材を選ぶ時には、ちょっと茶色の物をピックアップしてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/13 03:29:13

腸内環境を良く保つ為には、食物繊維を意識するのは大切だと考えます。その際はお腹の掃除を行ってくれる訳ですから、お腹の調子も良くなってくれるでしょう。
ただし食物繊維にも、色々な種類があります。その種類を知っておくのは大切ですね。

 

便秘を悪化させてしまう事がある不水溶性食物繊維

 

例えば不水溶性食物繊維と呼ばれるものがあります。主に野菜などに含まれている食物繊維なのですが、実はそれはお腹に対してポジティブな影響を及ぼしてしまう可能性があります。
というのも食物繊維の中には、ちょっと消化されにくいものがあるのですね。それが腸の中で詰まってしまって、お通じが悪化してしまう場合があります。それは便秘の原因になってしまう事もあります。
お通じを良くする為に食物繊維を摂取するのは大切なのですが、不水溶性の物を摂取してしまうと、腸内環境が悪くなってしまう事があるので気をつけた方が良いでしょう。お通じが良くない時は、それらの食品の摂取を控えるのも1つの方法です。

 

お通じを良くしてくれる水溶性食物繊維

 

その逆に、お腹に対して良い繊維もあります。水溶性食物繊維ですね。
その繊維の場合は、便を軟化する効果が期待できます。それでお通じが良くなって、腸内環境が改善される場合があります。逆に便が硬いとなかなか体の外に出しづらいので、ちょっと大変ですね。
ですので腸内環境を良くする為には、不水溶性ではなく水溶性の食物繊維を摂取するのを心がけた方が良いでしょう。ちなみに後者の食物繊維は、主に海藻類やこんにゃくや納豆などに多く含まれています。ネットでそれらの情報は簡単に調べられますので、「最近少々お通じが良くない」時などはその食品をチェックしておくと良いですね。

続きを読む≫ 2015/03/13 03:28:13

腸内環境を整えてあげるためには、ヨーグルトはとても効果的な食材です。ヨーグルト単独でも、十分に効果を発揮してくれますね。その中に含まれている乳酸菌が、お腹の中に対してポジティブな影響をもたらしてくれるからです。
ただそのヨーグルトも、他の食材と一緒に摂取をすればさらに大きな効果を発揮してくれる事があります

 

フルグラによる腸内環境への良い影響

 

例えば、最近話題になっているフルグラですね。フルーツをとても多く含んでいる食品ですが、あの中には非常に多くの食物繊維が含まれています。しかもフルグラは、ヨーグルトとの相性も非常に良いですね。
食物繊維の特徴ですが、腸内の環境を整えてくれる点です。お腹の中を掃除してくれる役割はとても有名ですが、それによって便秘の改善なども見込めます。便秘が改善されれば、腸内環境もさらに良くなってくれるでしょう。ですのでヨーグルト単独だけを摂取するのではなく、フルグラを混ぜてあげるのは良い選択肢だと思います

 

腸内環境を良くしてくれるきなこ

 

それと、きなこもお勧めですね。あの中にも食物繊維が、実は非常に多く含まれているのだそうです。
またきなこの中には、マグネシウムも非常に多く含まれています。マグネシウムの効能なのですが、便通が良くなることが期待できます。というのも便がスムーズに流れるためには、ちょっと水分を含んでいる必要があります。マグネシウムを摂取してあげると、便に対する水分量が多くなると言われています。それで便秘が改善されれば、やはり腸内環境は良くなってくれるでしょう。
ですのでヨーグルトと一緒に、きなこやフルグラなどを摂取すればお腹の環境がとても良くなってくれると思います。どちらも食物繊維を含んでいるのも、1つのポイントですね

続きを読む≫ 2015/03/13 03:27:13